どうせ取得するなら特殊小型船舶免許も一緒に

小型船舶を操縦するために必要な免許は、1級~2級の小型船舶免許です。何となく難易度が高いのではと思う方もいるかもしれません。一昔前にタモリさんがその免許を取得したことで話題になりました。さらに加山雄三さんや大野君も持っているということで、富裕層であったり経済的な余裕がないと船は買えないし乗れないというイメージもあるでしょう。

確かに船自体はかなり高くなりますし、購入出来なければ意味がありません。購入してからも停泊料金がコンスタントにかかってきますし、メンテナンス費用も車よりかかるというデメリットがありますので要注意です。その場合はレンタルをするというのも手段の一つです。今は何でも借りられる時代と言っても過言ではありませんし、小型船舶も例外ではありません。

限定されてくることは確かではありますし、少し探すのに苦労する方も多いので根気よく調べてみて下さい。ネットの情報が性格で早ければ、結構探しやすいと言えるでしょう。特殊小型船舶免許は、水上バイクの免許です。何となく簡単に乗れてしまいそうと思うかもしれませんが、特殊小型船舶免許が必要になります。

もし小型船舶の免許を取得する予定がこれからあるようでしたら、水上バイクの免許もoptionでとってしまうことをお勧めします。必ずしも水上バイクは購入しないと行けないということではありませんし、こちらに関してもレンタルすることが可能なので心配することはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です